空き地から別の遺体を発見 逮捕の兄弟の供述で捜索

11/20 18:56 更新

 供述をもとに警察が捜索したところ、別の遺体が発見されました。  福島県国見町の無職・星久宏容疑者(39)と弟でさいたま市の大工・星賢二容疑者(35)は、去年6月ごろに福島県下郷町の空き地に住所・職業不詳の松田昭浩さん(当時42)の遺体を埋めた疑いで逮捕されました。捜査関係者によりますと、供述から2人が町内の空き地に松田さんとは別の人物の遺体を埋めた疑いが強まって捜索したところ、20日に土の中から白骨化した遺体の一部が見つかったということです。捜査本部は死体遺棄事件として、遺体の身元や経緯を調べています。