免許証に嘘の住所 中核派の非公然活動家を逮捕

06/21 23:35 更新

 運転免許証に嘘の住所を記載したとして、過激派・中核派の非公然活動家の57歳の男が警視庁公安部に逮捕されました。  住所・職業不詳の中核派の非公然活動家・遠藤康博容疑者はおととし9月上旬ごろ、東京・江東区の運転免許試験場で免許の更新手続きをした際、嘘の住所を申請した免状不実記載の疑いが持たれています。警視庁公安部によりますと、遠藤容疑者は実際に住んでいない東京・江戸川区松江にある中核派の拠点「前進社」の住所を申請していました。遠藤容疑者は、中核派の公然活動家と非公然活動家との間の連絡役である「脈管」とみられています。取り調べに対し、遠藤容疑者は黙秘しています。