能登半島沖で転覆船 救助の男性「北朝鮮から来た」

11/16 01:29 更新

 第9管区海上保安本部によりますと、石川県の能登半島沖の北方約360キロの海上で巡視船が転覆した小型船を発見し、船底の上にいた男性3人を救助したということです。救助された男性は「北朝鮮から来た。乗組員は15人」と説明、海上保安本部が残る乗組員の捜索を周辺で行っています。