「怖くなって…」ひき逃げ容疑の38歳男 飲酒運転か

04/26 15:07 更新

 男は自転車に乗っていた高齢者を車ではねて、現場から逃走していました。  自動車販売会社社員の井上恵介容疑者(38)は24日午前0時すぎ、東京・葛飾区立石の路上で、自転車に乗った89歳の男性を車ではねた後、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性は首の骨を折るなど全治3カ月の重傷を負いました。警視庁によりますと、井上容疑者は当時、酒を飲んで会社の車を運転していて、自転車を追い抜く時に事故を起こしたとみられています。警視庁の取り調べに対し、井上容疑者は「怖くなって逃げた」と容疑を認めています。