自分の整骨院で女性患者“盗撮” エアコンにカメラ

10/18 11:57 更新

 東京・世田谷区の整骨院で院内に小型カメラを設置し、女性患者の下着姿を盗撮したとして41歳の院長の男が逮捕されました。  西岡弘幸容疑者は先月、世田谷区上馬で、自らが院長を務める整骨院内に小型カメラを設置し、着替えるために下着姿となった女性患者を盗撮した疑いが持たれています。警視庁によりますと、小型カメラは施術室にあるエアコンの送風口に設置してありました。西岡容疑者は取り調べに対して「間違いありません」などと容疑を認めているということです。小型カメラの記録媒体には整骨院のトイレ内で盗撮されたとみられる別の女性患者の映像もあり、警視庁が余罪についても調べています。