中国人姉妹の“遺体遺棄” 30代知人の男を逮捕へ

07/21 11:57 更新

 神奈川県の山林でスーツケースに入った中国人姉妹の遺体が見つかった事件で、警察は姉妹の自宅に出入りしていた知人の男を近く死体遺棄容疑で逮捕する方針です。  13日夜、神奈川県秦野市の山林で、中国人姉妹・陳宝蘭さん(25)と宝珍さん(22)の遺体が入ったスーツケース2つが見つかりました。捜査関係者によりますと、姉妹がいなくなった6日ごろ、2人の自宅マンションには姉が勤める飲食店に客として来ていた30代の日本人の男が暗証番号を打ち込んで出入りしていました。警察はこの男が2人の遺体を遺棄したとして逮捕する方針を固めました。男はすでに2人の自宅に侵入したなどとして逮捕されています。警察は2人が死亡した経緯についても男が事情を知っているとみて調べています。