「育児から解放されたい」長男“殺人未遂”で母逮捕

11/20 18:43 更新

 逮捕された母親は「育児から解放されたかった」と供述しています。  埼玉県三郷市の佐藤早智容疑者(24)は20日午前0時20分ごろ、自宅アパートの居間で生後11日の長男の顔を毛布で押さえ付けて殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、佐藤容疑者に起こされた夫がぐったりしている長男に気付き、「子どもの心臓が止まった」と119番通報しました。長男は一命を取りとめたものの、重い障害が残る可能性があるということです。佐藤容疑者は調べに対し、「育児から解放されたかった」と容疑を認めています。佐藤容疑者は18日に自殺を図って病院に搬送されていて、この時、親族から「育児に悩んでいた」と聞いていたことから、警察は20日にも児童相談所に連絡する予定でした。