JR常磐線の踏切に男性…ひかれ死亡 1500人に影響も

03/14 16:54 更新

 14日午前、宮城県亘理町のJR常磐線で線路にいた男性が列車にひかれて死亡しました。  JR東日本によりますと、午前9時40分ごろ、亘理町逢隈の上郡踏切で線路にいた男性が列車にひかれました。男性はまもなく死亡が確認されました。列車には約120人が乗っていましたが、けがなどはありませんでした。列車の運転士は線路内の人に気が付いてブレーキを掛けましたが、間に合わなかったということです。警察は男性の身元の確認を急ぐとともに、事故の原因を調べています。この事故の影響でJR常磐線は福島県の原ノ町と仙台の間で上下線が一時、運転を見合わせるなどして1500人に影響が出ました。