両陛下がご静養を取りやめ 西日本の豪雨被害に配慮

07/13 17:30 更新

 甚大な被害に心を痛めて来週からの静養を取りやめられました。  両陛下は、17日から栃木県那須町の那須御用邸で静養される予定でした。しかし、西日本で発生した豪雨の被害で関係機関が今なお、行方不明者の捜索を続けているほか、猛暑のなかで6000人を超える人たちが避難所生活を余儀なくされていることなどを案じて静養を取りやめられました。13日の夕方には皇后さまが名誉総裁を務める日本赤十字社の社長らを御所に招き、被災地での活動状況などについて両陛下で説明を受けられました。