ゴルフ場地下通路で作業員死亡 ガスなど検出されず

11/15 18:50 更新

 ゴルフ場のクラブハウスで、水漏れを点検していた作業員2人が死亡しました。  15日朝、茨城県桜川市のJGM笠間ゴルフクラブで、「作業員が倒れている」と従業員から119番通報がありました。警察によりますと、午前8時半ごろ、クラブハウス1階にある浴槽の水漏れを確認するため作業員2人が地下の点検用通路に入りました。約2時間経っても戻らなかったため、従業員が様子を見に行ったところ、作業員1人が倒れているのを見つけてすぐに消防に通報したということです。2人は、搬送先の病院で死亡が確認されました。現場からガスや毒物は検出されておらず、警察や消防が詳しい原因を調べています。