森友学園の保育園の存続は…きょう報告の“期限”

04/20 11:50 更新

 森友学園が運営する保育園が保育士を確保できていない問題で、大阪市は園に対し、運営を続けられるかを20日までに報告するよう求めています。  高等森友学園保育園では一連の問題を受けて保育士2人が辞め、運営基準を満たさなくなったため、大阪市は5日から緊急措置として保育士6人を派遣しています。大阪市は保育園に対し、新たに保育士を確保して運営を続けられるかどうか20日までに回答するよう求めていて、市が、運営が難しいと判断した場合は保育園の休園などの措置を取ります。一方、保育園側は19日、ANNの取材に対して「保育園を存続させる方向で市と協議したい」と話しています。また、この保育園の複数の保育士は、森友学園が運営する塚本幼稚園の専任教職員の名簿に重複して名前が載っていて、市は同じく20日までに勤務実態を報告するよう園に求めています。