酒を飲んだ状態でひき逃げか 自称美容師の男を逮捕

05/24 20:16 更新

 千葉県茂原市の県道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、50代ぐらいの男性をはねて重傷を負わせたまま現場から逃走したとして40歳の男が逮捕されました。  自称・美容師の豊田賢二容疑者は23日午後8時50分ごろ、茂原市の県道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、50代の男性をはねてけがをさせたうえ現場から逃走した危険運転致傷などの疑いが持たれています。男性は頭を強く打ち、脳挫傷の重傷です。警察によりますと、男性は道路工事の交通整理の準備中に歩道に乗り上げてきた豊田容疑者の乗用車にはねられたということです。事件の目撃者が逃走した車のナンバーの一部を覚えていたことなどから豊田容疑者が浮上しました。取り調べに対し、豊田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。