「風呂場で血だらけ」85歳女性死亡 背中に“刃物”

05/24 18:54 更新

 85歳の女性が背中に刃物のようなものが刺さったまま死んでいるのが見つかりました。  亡くなった女性の次男:「(妹から)電話が掛かってきて『大変なことが起きた』『風呂場で血だらけになって倒れている』」  24日午前10時40分ごろ、石川県内の住宅の1階の風呂場で、背中に刃物のようなものが刺さったまま女性が血だらけで倒れているのを訪ねてきた親族が見つけて110番通報しました。女性はこの家に1人で住んでいた安達幸さんで、警察が駆け付けた時には既に死亡していました。警察は殺人事件として24日午後、捜査本部を設置しました。