家で寝ていたところに車突入 男性が足の骨折る重傷

01/11 11:51 更新

 福島県会津若松市の住宅に車が突っ込み、この家で寝ていた男性が足の骨を折る重傷です。  11日午前0時ごろ、会津若松市で50代の男性が運転する乗用車が国道沿いの住宅に突っ込みました。この事故で、住宅で寝ていた85歳の男性が右足の骨を折る重傷です。  けがをした男性の妻:「車の下になって車がここまで入ってきた。足が挟まっちゃった。足が取れなくなって近所の人に助けてもらった」  当時、みぞれが降っていて、道路は凍結していたということです。警察は詳しい事故の原因を調べています。