ウソ申請で在留資格を不正変更か 行政書士の男逮捕

03/14 18:51 更新

 嘘の申請をしてフィリピン人の女の在留資格を不正に変更した疑いです。  行政書士の芳谷大介容疑者(60)は去年5月、フィリピン人のデラペナ・ジェニファー・ガピ容疑者(25)の在留資格について、東京入国管理局に嘘の申請をして不正に変更した疑いが持たれています。警視庁によりますと、在留資格の更新ができず、出国準備中だったデラペナ容疑者が通訳などの仕事をすると芳谷容疑者が嘘の申請をしていました。取り調べに対し、2人は容疑を認めています。芳谷容疑者は他にも数十人の外国人の嘘の申請をしていたとみられ、警視庁が調べています。