竹田会長、肝心の“五輪組織委に報告”は疑惑報道後

01/15 18:50 更新

 副会長を務める大会組織委員会への報告は報道の後だったということです。  東京オリンピック・パラリンピックの招致を巡ってJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恆和会長は、フランスの司法当局から贈賄の疑いで捜査を受けていることが11日に明らかになりました。竹田会長は組織委員会の副会長ですが、組織委員会は疑惑の報道が出た後に本人からの電話でこうした事態を把握したということです。今後、幹部との情報共有の在り方について議論する必要があるとしています。