西日本で大雨 高知では避難勧告 関東は昼すぎから

06/21 05:51 更新

 西日本を中心に大雨が続き、高知県黒潮町では330人に避難勧告が出ています。また、関東でも21日昼すぎから激しい雨が予想されています。  高知県の西部では20日午後10時までの1時間に約70ミリの非常に激しい雨が降り、黒潮町では土砂災害の恐れがあるとして、午後9時半に116世帯330人に避難勧告が出ました。四国では22日朝までに多い所で150ミリの雨が降る予想で、河川の増水や土砂災害に警戒が必要です。今後、活発な雨雲はゆっくりと東へと移動し、21日朝は近畿や東海で、昼すぎからは関東周辺でも激しい雨が降る恐れがあり、雨に伴う強風にも注意が必要です。