【報ステ】台風15号上陸へ 猛暑とゲリラ雷雨も

08/14 23:30 更新

 台風15号は、15日朝にも九州に上陸する恐れがある。コンパクトな台風のため、近付くと急に天気が荒れる恐れがあり、注意が必要だ。影響はすでに出ていて、台風からの湿った風が山から吹き降り、フェーン現象が起きたことで、九州や山陰では猛暑となった。最も暑くなったのは福岡県久留米市で、14日午後3時過ぎには38.7度を記録した。一方、関東から東海にかけては、局地的に雨雲が湧き、ゲリラ雷雨が相次いだ。岐阜県下呂市では、1時間で72ミリと滝のような雨が降った。15日は東北から九州の広い範囲でゲリラ雷雨に注意が必要だ。九州や四国では台風が上陸する影響で大雨となる恐れがある。