連続不審火に小学生関与か 一部で火付け認める

03/20 18:40 更新

 連続不審火の一部について小学生が火を付けたことを認めているということです。  警察などによりますと、福岡市城南区のマンションでは先月から今月にかけて通路に設置されたエアコンの室外機や傘立てなどが燃える不審火が相次いでいます。19日も午後6時ごろに2階の共用部分に置かれていた手押し車が焼ける火事が起きました。警察が20日に市内の小学生から事情を聴いたところ、一部について火を付けたことを認めたということです。小学生は児童相談所に一時的に保護されていて、警察は他の不審火との関連や動機についても調べる方針です。