市議が“飲酒運転”で事故 知人に身代わり依頼か

01/13 17:25 更新

 飲酒運転をしたとして逮捕された市議会委員は、知人に身代わりを依頼していたということです。  千葉県勝浦市議会議員の高梨弘人容疑者(40)は12日午後10時前、市内の県道で酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転した疑いが持たれています。警察によりますと、高梨容疑者は酒を飲んだ後、1人で車を運転していて、道路脇の坂道に乗り上げる事故を起こしたため、知人の男性に身代わりを依頼したということです。取り調べに対し、高梨容疑者は「飲酒運転をし、交通事故を起こしたことに間違いありません」と容疑を認めています。