プールで6歳男児が溺れ一時意識不明 千葉市

07/21 05:55 更新

 20日、千葉市のプールで泳いでいた6歳の男の子が溺れて一時、意識不明の重体になりました。  午後4時半ごろ、千葉市中央区にある千葉公園で、プールの職員から「男の子がプールに沈んでいたのを発見して心臓マッサージをしている」と119番通報がありました。警察によりますと、男の子は救助された際、意識と呼吸がない状態でしたが、搬送先の病院で呼吸が安定し、命に別状はないということです。男の子は母親と来ていて、母親が男の子と離れて更衣室で着替えている時に深さ約1メートル45センチのプールで溺れたということです。