男「家に帰りたかった」北陸新幹線に立ち入った疑い

04/16 16:55 更新

 長野県内で北陸新幹線の線路内に立ち入った疑いで逮捕された77歳の男が「家に帰りたかった」と話していることが分かりました。  新幹線特例法違反の疑いで逮捕・送検された桜井捷一容疑者は5日夜、JR北陸新幹線佐久平駅から線路内に立ち入り、東御市内のトンネルで発見されました。約10キロ歩いたとみられています。警察によりますと、桜井容疑者は容疑を認め、「家に帰りたかった」と話していることが分かりました。逮捕された時の所持金は数百円で、高崎駅で「佐久平駅で親族が金を払う」などと話し、新幹線に乗ったということです。