「北への妙なシグナルに」 小池都知事が解散を危惧

09/19 17:06 更新

 安倍総理大臣が踏み切る方針を固めた解散・総選挙について、東京都の小池知事は「北朝鮮に妙なシグナルを送ることになる」と述べ、危機管理上、問題があるとの認識を示しました。  小池知事:「この北朝鮮情勢で、向こうにむしろ妙なシグナルを送ってしまうのは、国家の危機管理という点でかえって危ないなと思います」  さらに、政権側から「消費税増税の使い道を問う選挙だ」などとの声が上がっていることについて、「取って付けたような感じがする」と改めて批判しました。また、民進党を離党した細野豪志元環境大臣が28日までに新党を立ち上げる意向を示していることについては、「若狭議員から聞いている」などと述べました。