大阪・吹田市の交番で警察官が刺され拳銃奪われる

06/16 08:18 更新

 16日朝早く、大阪府吹田市の交番で、警察官が男に包丁で刺され重傷を負いました。刺した人物は警察官の拳銃を奪い逃走しています。  午前5時40分ごろ、吹田市の千里山交番前の路上で「警察官が血を流して倒れている」と警察に通報がありました。警察官は26歳の男性で、左胸に包丁が刺さった状態で倒れていて、近くの病院に運ばれ重傷です。拳銃がなくなっていて、警察官を襲った男が奪って逃げているとみて警察が周辺の警戒にあたっています。逃げた男は身長170センチから180センチくらい、年齢30歳くらいで深緑色のジャンパーを着ていたということです。警察は付近の住民にできるだけ外出を控えること。確実に自宅の鍵を掛けること。不審な人物を見かけたら警察に通報することを呼び掛けています。現場は住宅街にある阪急千里山駅の駅前です。