巡視船「えちご」 海賊への対処訓練で新潟港を出港

05/24 23:28 更新

 海上保安庁の巡視船「えちご」が来月、南シナ海でフィリピンやベトナムと行う合同訓練に参加するために新潟港を出港しました。  海上保安庁によりますと、巡視船のえちごは来月3日、ダバオ湾でフィリピンの沿岸警備隊と海賊への対処訓練を行います。また、来月16日にはダナン港沖でベトナムの海上警察と違法操業する漁船の取り締まり訓練を行います。中国と南シナ海で対立するフィリピンやベトナムと合同訓練を行うことで連携を強化し、中国の海洋進出を牽制(けんせい)する狙いがあるものとみられます。