「嫌がらなかったので…」“痴漢”でセブン社員逮捕

04/25 17:17 更新

 「何回も続けたが、嫌がらなかったのでやった」と容疑を認めています。  「セブン-イレブン・ジャパン」の社員・鈴木康平容疑者(28)は1月、東京・八王子市を走る京王線の電車内で、帰宅途中の高校1年の女子生徒(当時16)の隣に座り、体を触るなどした疑いが持たれています。警視庁によりますと、鈴木容疑者は女子生徒が別の電車に乗り換えた後も追い掛けて隣に座り、抱き寄せて頭にキスをするなどわいせつな行為を繰り返していたということです。取り調べに対し、鈴木容疑者は「何回も続けたが、嫌がらなかったのでやった」と容疑を認めています。