鳥越氏女性疑惑掲載の週刊文春編集長を不起訴処分

03/23 20:00 更新

 去年の東京都知事選に立候補した鳥越俊太郎氏が、週刊文春が掲載した女性関係を巡る記事について名誉毀損などの疑いで刑事告訴していた問題で、東京地検特捜部は23日、編集長を不起訴処分としました。  週刊文春は去年7月の都知事選中に立候補していた鳥越氏について、過去の女性関係を巡る疑惑を報じました。鳥越氏側は名誉毀損と公職選挙法違反の疑いで週刊文春の編集長を刑事告訴していましたが、特捜部は23日、不起訴処分としました。週刊文春編集部は「当然の決定と受け止めています」とコメントしています。