女性看護師らが入所者に「死ね」 顔面を平手打ちも

09/14 11:53 更新

 愛知県の老人ホームで、女性看護師ら職員2人が入所する男性に暴力や暴言を繰り返していたことが分かりました。  入所していた90代の男性に暴力や暴言を繰り返していたのは、老人ホーム「アグレにじ北名古屋」の60代の女性看護師と女性介護士です。取材に対して施設側は、職員2人が男性の個室で「死ね」などの暴言を吐いたり顔を平手で殴ったりしていたと認めました。  アグレにじ北名古屋・伊藤取締役:「市役所の方とご家族にはおわびをさせてもらった。ちょっと行き過ぎだったところがあったということで」  施設によりますと、男性にけがはなかったということです。職員2人を男性の担当から外し、再発防止に取り組むとしています。