内閣府が「火山防災ビデオ」 御嶽山の噴火を受け

04/25 11:59 更新

 3年前に起きた御嶽山の噴火を受け、内閣府は火山の噴火による被害と対策をまとめたビデオを初めて作り、公開しました。  2014年9月に起きた御嶽山の噴火では、死者・行方不明者63人という大きな被害が出ました。ビデオでは、実際に噴火するとどのような現象が発生して被害が出るのかコンピューターグラフィックスと実際の映像を交えて解説しています。火山の登山についてはおととしに法律が改正され、登山者には事前に火山情報の収集に努めることが、また、火山周辺の集客施設には安全対策の計画を作ることが義務付けられました。このビデオは内閣府防災情報のホームページで見ることができます。