帰省中の2歳男児行方不明 わずかな距離の間に…

08/13 11:47 更新

 山口県周防大島町でお盆休みで親戚の家に来ていた2歳の男の子が12日から行方不明になっていて、警察などが捜索を続けています。  行方が分からなくなっているのは、山口県防府市の藤本理稀ちゃんです。13日が2歳の誕生日です。警察によりますと、理稀ちゃんは家族5人で周防大島町にある親戚の家に帰省中でした。12日午前10時半ごろ、祖父と3歳の兄とともに近くの浜辺に歩いて向かっていた途中、ぐずって1人で引き返し、行方不明になりました。祖父と別れた場所から親戚の家までの距離は100メートルほどです。母親が後から祖父に合流しましたが、別の道を通っていて、理稀ちゃんと会わなかったということです。警察や消防などが捜索を続けています。