相場操縦の疑いの村上世彰氏 刑事告発見送りへ

04/19 23:37 更新

 相場操縦の疑いで証券取引等監視委員会から強制調査を受けた旧村上ファンド元代表の村上世彰氏(58)について、監視委員会は刑事告発を見送る方針を決めたことが分かりました。  村上氏は2015年11月、都内のアパレル会社の株価を不正に下げた相場操縦の疑いで、証券取引等監視委員会の強制調査を受けました。監視委員会はその後、刑事告発に向けて調査を続けてきましたが、19日までに打ち切って告発を見送る方針を決めたことが関係者への取材で分かりました。村上氏に対する事情聴取は、2年以上前を最後に行われていなかったということです。村上氏側はこれまでのANNの取材に対し、「意図的に株価を下げた事実はなく、違法性は認められない」と主張していました。