【報ステ】逃亡46年…渋谷暴動事件の男か

05/23 23:30 更新

 46年前の渋谷暴動事件で、全国に指名手配されていた『中核派』の大坂正明容疑者(67)とみられる男が18日、広島市の中核派のアジトを捜索した捜査員に体当たりしたとして公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。男は黙秘を続けていて、警察はDNA鑑定で身元を特定する考えだ。渋谷暴動事件では、中村恒雄巡査(当時21)が鉄パイプで殴られて気を失い、火炎瓶で火をつけられて亡くなっている。