18年前の強盗致死事件 母親ら情報提供呼びかけ

06/17 23:18 更新

 18年前、茨城県で当時17歳の少年が暴行を受けて死亡した未解決事件で、遺族らが情報提供を呼び掛けました。  藤井さんの母親:「18年も経って写真とか置いてあるのを見た時に、もう片付けてもいいんじゃないのなんて言ってきた人がいたけど、いやいや、そうではないだろうと。一刻も早く犯人逮捕ということでお願いしたい」  2000年5月4日、茨城県牛久市のスーパーの駐車場で土木作業員の藤井大樹さんが少年グループとみられる4人に現金を奪われたうえ、暴行を受けて死亡しました。今も4人の行方は分かっていません。犯人が茨城県南部や千葉県に土地勘を持っている可能性があることから、牛久市近くの千葉県神崎町の道の駅で17日、藤井さんの母親と捜査員ら約20人が情報提供を呼び掛けました。