容疑者“逃走中”で指名手配 精神鑑定で入院中に…

05/23 11:56 更新

 22日夜、精神鑑定で留置中だった男が名古屋市の病院から逃走しました。警察は指名手配して行方を追っています。  名古屋市西区の会社員・小倉泰裕容疑者(57)は午後9時15分ごろ、名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院の病室から逃走したとみられます。小倉容疑者は元妻の家に放火した疑いで今年2月に逮捕されていて、精神鑑定を受けるため、3月初旬から入院していました。小倉容疑者は身長が167センチで痩せ形、黒い短髪だということです。その後、小倉容疑者が勤務していた会社がある愛知県犬山市で目撃情報があり、警察が行方を追っています。