「事前通告がなかった」発言 桜田大臣が謝罪

11/13 10:31 更新

 オリンピック・パラリンピックを担当する桜田大臣が国会での答弁について、「事前通告がなかった」と発言したことや蓮舫議員の名前を読み間違えたことに対して謝罪しました。  桜田五輪担当大臣:「蓮舫議員の質問通告に関し、生じている一連の状況について、参議院予算委員会委員長理事をはじめ、関係各位にご迷惑をお掛けしたことについておわび申しあげたいと思います。また、蓮舫議員のお名前を読み間違えたことに対しても、おわび申しあげたいと思います」  桜田大臣は5日の参議院予算委員会で立憲民主党の蓮舫議員から2020年東京大会のビジョンなどについて質問された際、ちぐはぐな答弁を繰り返しました。桜田大臣はその原因について、質問の「事前通告がなかった」などと釈明しましたが、この発言は9日に撤回していました。桜田大臣は13日に謝罪したことについて、「前回の会見で謝罪らしきことは言ったが、十分ではなかった」と説明しました。