逃走中の容疑者を指名手配 病院で鑑定留置中に

05/23 07:56 更新

 警察が名古屋市の病院から逃走した鑑定留置中の男を指名手配しました。  警察によりますと、逃走したのは会社員の小倉泰裕容疑者です。22日午後9時15分ごろ、名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院で2階の病室の異常を知らせるアラームが鳴り、当直医と職員らが駆け付けたところ、窓が開いていて、小倉容疑者の姿がないことに気付いたということです。小倉容疑者は離婚した元妻の家に火を付けたとして、放火などの疑いで2月に逮捕されて鑑定留置中でした。小倉容疑者は身長167センチ、痩せ形で黒い短髪ということです。