城西大学1億5000万円超使い込みか 私的旅行などに

04/19 17:11 更新

 城西大学に1億5000万円以上の不適切な支出の疑いです。  城西大学は去年、退任した水田宗子前理事長の時代に、1億5000万円以上の不適切な支出をしていた疑いがあり、外部の調査委員会を設置したと発表しました。大学の内部調査の結果、2011年以降、水田前理事長が私的な旅行だったにもかかわらず、出張費用として約100万円を受け取ったり、当時、名誉理事長だった水田前理事長の母親に、退職金とは別に複数回にわたって功労金として合わせて1億円以上を振り込まれていたなどの疑いがあるということです。一方、水田前理事長は代理人を通じて「不正支出に関わったことはなく、大学の発表は事実無根で極めて不当」とするコメントを発表しました。