【報ステ】愛媛風物詩『肱川あらし』厳しい冷え込み

01/14 23:30 更新

 北海道旭川市江丹別でマイナス29.8度と、この冬全国で最も低い気温となるなど、北日本を中心に厳しい冷え込みとなった。この寒さの影響で、愛媛県大洲市では冬の風物詩『肱川あらし』が見られた。肱川あらしは、この地区だけで発生する現象で、空気が冷やされることで発生した大量の霧が、大洲盆地から山間を通って海まで到達する。肱川あらしは、今週末にも発生する可能性があるという。