【報ステ】服役後に「えん罪」訴え…再審開始決定

10/12 23:30 更新

 33年前、現在の熊本県宇城市松橋町で男性(当時59)が殺害された事件で、最高裁は裁判のやり直しを認めた。宮田浩喜さん(85)は、男性を殺害したなどの罪に問われ、懲役13年が確定し、服役したが、出所後、えん罪を訴え続けている。最高裁は今回、検察側の特別抗告を退けて再審が決定した。今後、熊本地裁で再審が開始され、殺人について無罪となる公算が高いとみられている。