「清めるために…」 二条城で粉散布の女3人逮捕

04/19 18:42 更新

 京都の世界遺産「二条城」で粉がまかれていた事件で、台湾出身の女3人が逮捕されました。  台湾出身のリュウ・リセイ容疑者(53)ら女3人は去年4月、二条城にお香のような粉をまくために侵入した疑いが持たれています。3人は事件の翌日に出国しましたが、警察は防犯カメラの映像などから3人を特定し、18日、成田空港に入国したところを逮捕しました。二条城では国宝の二の丸御殿など54カ所に粉がまかれているのが見つかっています。3人は取り調べに対し、「二条城には死者の魂がさまよっていて、清めるためにやった」などと容疑を認めているということです。