20歳巡査が少女と…カラオケ店で“みだらな行為”

07/12 18:18 更新

 千葉県警は、女子中学生とみだらな行為をしたとして松戸警察署の20歳の巡査を停職6カ月の懲戒処分にしました。  松戸署の男性巡査は、神奈川県内のカラオケ店で18歳未満と知りながら中学生の少女とみだらな行為をしたとして書類送検されました。千葉県警によりますと、男性巡査は少女とSNSを通じて知り合い、4月から5月にかけて3回にわたって同じカラオケ店でみだらな行為をしたということです。千葉県警は12日、男性巡査を停職6カ月の懲戒処分にしました。巡査は12日付けで依願退職しています。千葉県警は「警察官としてあるまじき行為であり、被害者、ご家族並びに県民の皆様に心からおわび申し上げます」とコメントしています。