豪華列車「四季島」 試運転中に4時間半立ち往生

03/21 05:56 更新

 5月から運行を始めるJRの豪華寝台列車「四季島」が試運転中にエンジン系統の故障で4時間以上、立ち往生しました。  20日午後2時前、栃木県のJR日光線下野大沢駅と今市駅の間で、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が停止するトラブルがあり、約4時間半、立ち往生しました。四季島は5月の運行開始に向けて試運転をしていましたが、JR東日本によりますと、エンジン系統にトラブルが発生したため、運転士が停止させたということです。JR東日本は詳しい原因を調べています。