トラック下敷きで3人死亡 過積載の疑いで捜索

09/13 14:54 更新

 千葉市の県道で大型トラックが横転して3人が下敷きになって死亡した事故で、警察は13日にトラックの運転手の勤務先などを捜索しました。  8日に千葉市の交差点で大量の鉄くずを積んだ大型トラックがバランスを崩して横転し、対向車線の軽自動車が下敷きになりました。乗っていた家族3人が死亡しました。警察は13日朝から、トラックを運転していた在原伸悟容疑者(26)の勤務先や資材置き場を捜索しました。警察によりますと、在原容疑者は「鉄くずを37トン積んでいた」と話しています。警察は在原容疑者が最大積載量を超えて鉄くずを積み、トラックを運転していたとみて捜査を進めています。