遊歩道に針金 自転車の男性けが カメラに不審人物

04/14 11:55 更新

 大阪府大東市の遊歩道に針金が張られ、自転車に乗っていた男性がけがをしました。現場付近の防犯カメラには不審な人物が映っていて警察が捜査しています。  13日午後8時半ごろ、大東市の遊歩道を会社員の男性が自転車で通り掛かったところ、フェンスに張られた針金に右手が当たって軽いけがをしました。警察によりますと、太さ1ミリの針金を5本束ねたものが、高さ1メートルの位置に幅1.6メートルにわたって張られていたということです。現場付近の防犯カメラには、事件の直前にフェンスのそばをうろつく不審な人物が映っていました。長袖の白い上着を着て、紺のズボンをはいて、手にはレジ袋を持っていたということです。警察はこの人物が事件に関わったとみて捜査しています。