家族のほかに近所の4人も 神戸の殺傷事件

07/18 11:48 更新

 神戸市の5人死傷事件で、逮捕された男が家族を襲った後、少なくとも近所の4人を襲うなどしていたことが分かりました。  16日朝、神戸市北区で南部達夫さん(83)と妻の観雪さん(83)、近くに住む辻やゑ子さん(79)が刃物で刺されるなどして死亡し、他に女性2人が重傷を負いました。警察は17日、南部さんを殺害したとして孫の竹島叶実容疑者(26)を逮捕しました。これまでの取材で、竹島容疑者は自宅で南部さん夫婦ら家族3人を襲った後、死亡した辻さんと重傷の女性を含め、家の外で少なくとも男女4人を追い掛けていたことが分かりました。  追い掛けられた女性:「『助けて』という声を聞いて(家から)出た。家から出て(容疑者に)出くわして逃げた」  竹島容疑者は当初、「誰でもいいから刺してやろうと思った」と供述していましたが、今は黙秘に転じているということです。