「爆弾を仕掛けた」 アパホテルに悪質ないたずら

03/24 16:48 更新

 アパホテルに「爆弾を仕掛けた」と電話がありました。悪質ないたずらとみられています。  24日午前8時半ごろ、東京・港区の「アパホテル六本木駅前」の従業員から「『爆弾を仕掛けた。2時間以内に探さなければならない』という電話があった」などと110番通報がありました。警察官が駆け付け、従業員とともに客室やホテル周辺を捜索しましたが、爆発物などの不審物は見つかりませんでした。警視庁は、悪質ないたずらとみて威力業務妨害の疑いも視野に調べています。このホテルには、1月にも同じような電話があったということです。