連休中はグズグズ? …千種ゆり子の全国天気のタネ

09/15 16:53 更新

 ここ1週間、東日本と西日本を中心に日差しがかなり少なくなっています。特に大阪では日照時間が11日を除いて毎日ほぼ0時間、高知で10日と11日以外まったくのゼロです。東京でも日差しが少ない日が続いています。この日差しが少ない状態、最新の予報で連休最終日まで続く予想になってきたんです。16日も朝は北陸や東北南部で雨も降り昼、そして夜にかけても本州を中心に曇りを示す灰色が続きます。そして、連休最終日の17日も、朝から雲が多く朝は北陸で雨昼は関東でも雨が降りそうです。関東の雨は、短い時間にざっと強く降るタイプで傘や雨具が必要な降り方になりそうです。そして、連休明けの18日の天気も見てみましょう。北から南まで、晴れを示すオレンジ色になりそうです。やっと全国的に晴れそうなんですよね。ただ、この全国的な晴れもかなり貴重なものになりそうなんです。週間予報をご覧ください。西日本から20日以降は再び西から雨の範囲が広がって21日にかけて雨になりそうです。日本海側中心に強く降る可能性もあります。一方、九州では特に16日、17日はしっかりと晴れそうです。関東は16日、17日ともに曇りマークですが、16日は朝まで、17日も午後、にわか雨の可能性があります。北海道は16日は雲が多いですが、17日は安定した晴れとなりそうです。