「スポーツの範ちゅう超えた」関西学院大がコメント

05/22 17:21 更新

 日大選手の会見を受けて、関西学院大学の監督と被害を受けた選手の父親がコメントを出しました。関西学院の監督は「部としては、24日の日大からの回答を待って対応を決定するつもりだ。日大選手の行為そのものは許されることではないが、勇気を出して真実を語ってくれたことには敬意を表したい。立派な態度だった」。そして、被害を受けた選手の父親は「被害届を取り下げる準備もあったが、今回の会見を見て刑事告訴も検討せざるを得ない状況だ。24日の日大からの回答を待って家族、本人、関学アメリカンフットボールとも相談して結論を出したい。日大選手は自分のしてしまったことを償い、再生して頂きたい。勇気を持って真実を話してくれたことに感謝する」こういうコメントを発表致しました。