シャンシャン“滞在延長”も視野 都と中国が協議へ

01/09 17:25 更新

 シャンシャンの返還時期の延長も視野に協議するということです。  東京・上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャンは、先月から母親と離れて暮らす訓練を続けています。今では一日のうち13時間から15時間休息し、残りの時間は食事をするなど大人のパンダの行動に近付いているということです。東京都によりますと、シャンシャンは満2歳になる6月をめどに中国に返還される取り決めになっていますが、都は今後、延長も視野に中国側と返還時期について話し合う方針です。