川に迷子のジンベエザメ 海に戻せず 鳥取・琴浦町

11/10 21:37 更新

 川の河口に迷い込んだのはジンベエザメでした。  10日午後1時ごろ、鳥取県琴浦町で「ジンベエザメが河口付近にいる」と町役場に通報がありました。県などによりますと、見つかったのは主に熱帯から亜熱帯の海に生息するジンベエザメで、体長は5メートルほど、尾びれには傷があるということです。地元のサーファーなどが海へ戻そうとしましたが、水深が浅く波も強かったことから戻すことができませんでした。  海に戻すための作業をした男性:「石が盛り上がっているポイントがあり、それ以上は腹がつかえていけないという状況。尾っぽは動く、口は動くという状況でした」  11日も県の職員らが午前6時から海へと戻す作業をするということです。