小中学校は“自宅待機で…” 逃走受刑者見つからず

06/20 10:30 更新

 神奈川県愛川町から受刑者の男が逃走を続けている事件で、19日夜に男が乗っていた車が見つかった神奈川県厚木市などは小中学校の児童と生徒に自宅待機を指示しました。  窃盗罪などで実刑が確定している小林誠受刑者(43)は午後1時半ごろ、愛川町の自宅で身柄の収容のために訪れた横浜地検の係官や警察官に包丁を振り回し、そのまま車で逃走しました。車は神奈川県相模原市内や東名高速を走った後に行方が分からなくなっていましたが、午後11時半に厚木市内のアパート敷地内に止められているのを捜査員が見つけました。これを受けて厚木市と愛川町は、45校ある公立小中学校の児童・生徒約1万9500人に自宅待機を指示しています。