レジ袋有料化を義務付けへ 海洋汚染問題で環境省

10/12 17:26 更新

 世界各国でごみの問題が広がるなか、環境省が買い物で広く使われているレジ袋を有料化する方針を固めました。  膨大な量の使い捨てプラスチックごみは深刻な海洋汚染を引き起こしていて、世界的な問題となっています。環境省は19日に開かれる専門家会議でプラスチック製のレジ袋の有料化を義務付ける素案を提出し、具体的な時期や方法などについて検討を始めます。原田環境大臣も必要があれば自ら産業界などとの調整を行う考えも示しています。来年6月に日本で行われるG20(主要20カ国・地域首脳会議)に向け、環境省は検討を早急に進めたい考えです。