墓参り帰りに87歳踏み間違えで?転落…同乗の弟死亡

03/20 18:45 更新

 墓参りの帰りに軽自動車が崖下に転落し、82歳の弟が死亡しました。  20日午前10時ごろ、宮城県気仙沼市の墓地で軽自動車が道路脇の崖下に転落し、車に乗っていた気仙沼市の無職・村上隆治さんが大量出血によるショックで死亡しました。村上さんは、87歳の兄が運転する車で墓参りに来ていて、その帰りに事故に遭ったということです。警察は、運転していた兄がアクセルとブレーキを踏み間違えたとみて、詳しい事故の原因を調べています。