「森友学園」籠池氏の自宅などに家宅捜索 大阪地検

06/20 00:48 更新

 学校法人「森友学園」が国や大阪府から補助金を不正に受け取った疑いで、大阪地検特捜部が関係先の強制捜査に入りました。  国会の閉幕を見計らったかのように19日に本格捜査に乗り出した大阪地検特捜部は、塚本幼稚園や籠池泰典前理事長(64)の自宅などに家宅捜索に入りました。森友学園を巡っては、幼稚園で勤務実態のない職員を届け出るなどし、補助金約6200万円をだまし取った疑いで大阪府が籠池氏を刑事告訴しているほか、大阪府豊中市に建設しようとしていた小学校を巡り、国の補助金5600万円余りを不正に受け取った疑いでも告発されています。特捜部は関係者から話を聞くなどしてきましたが、詳しい資料の分析には強制捜査が必要と判断しました。今後は籠池氏の立件と「8億円値引き問題」にも捜査が及ぶかが焦点です。