群馬で住宅全焼 1人死亡 住人の50代男性か

05/20 10:02 更新

 群馬県伊勢崎市の住宅街で火災が起き、木造2階建て住宅1棟が全焼し、1人の遺体が見つかりました。  19日午後8時ごろ、伊勢崎市国定町で「炎と煙が見える」と119番通報がありました。消防が駆け付け、火は2時間後に消し止められましたが、木造2階建て住宅が全焼し、中から1人の遺体が見つかりました。警察によりますと、この家の世帯主は90歳の男性で、別の施設にいて無事が確認されましたが、息子の50代男性と連絡が取れない状態だということです。警察は、遺体の身元の特定を急ぐとともに出火原因を調べています。