法定金利2倍以上で金貸しか 暴力団幹部の男逮捕

03/15 11:59 更新

 法定金利の2倍以上で違法に金を貸し付けていたとして、住吉会系暴力団幹部の男が逮捕されました。  指定暴力団住吉会系弥根家一家の幹部・大野桂一容疑者(48)は去年1月、タクシー運転手の男性(30代)に対し、法定金利の2倍以上で現金5万円を貸し付けた疑いが持たれています。警視庁によりますと、大野容疑者は男性のタクシーに乗り込み、ドライブレコーダーに映像が残らないようエンジンを切らせた後、現金を受け取っていました。大野容疑者は「古い話なので、覚えていない」などと容疑を否認しています。