祭りの山車からブルーシートに包まれた遺体 名古屋

06/10 05:55 更新

 名古屋市で国道の高架下に保管されていた祭りの山車の中からブルーシートに包まれた性別不明の遺体が見つかりました。  9日午前8時半ごろ、名古屋市港区の国道23号の高架下で、保管してある祭りの山車を確認するために来た近所の男性がブルーシートで包まれた人らしきものを見つけて110番通報しました。警察が調べたところ、包まれていたのは遺体で、ジャンパーとズボンを身に着けていましたが、腐敗が進んでいて性別や年齢などは分からない状態でした。遺体が見つかった山車は来月に行われる祭りで使われるもので、2月ごろに確認した際には異常はなかったということです。警察は10日、遺体を解剖して死因などを調べる予定です。