海老蔵さん「團十郎」襲名へ 7年ぶりに大名跡復活

01/14 11:47 更新

 市川海老蔵さん(41)が歌舞伎座で会見し、来年5月に「團十郎」を襲名することを発表しました。6年前に亡くなった父親が名乗っていた大名跡が復活することになります。  「團十郎」を襲名する市川海老蔵さん:「この度、私、十三代目・市川團十郎白猿を襲名させて頂く運びと相成りましてございます。歌舞伎界にとりまして大変、大きな名跡でございます。このうえは己の命の限り懸命に歌舞伎に生きて参りたいと思う所存でございます」「(Q.伝えたい人は?)一番、伝えたい人物は2人いまして、父と麻央です。直に伝えられないことは非常に大きなこと。お墓参り、そしてきょうも出掛ける前に手を合わせて、そういう日が来たよと」  また、これに合わせて長男で5歳の堀越勸玄くんが海老蔵さんも名乗っていた「新之助」を襲名することになりました。  「新之助」を襲名する長男・堀越勸玄君:「(Q.お稽古と遊びはどっちが楽しいか)お稽古」  「團十郎」を襲名する市川海老蔵さん:「本当ですか。聞いちゃったよ。じゃあ、今はまっている遊びは何ですかという質問ですね」  「新之助」を襲名する長男・堀越勸玄君:「例えば、鬼ごっことか。鬼ごっこ」