指導に逆上し運転拒否 PAでバス乗客を1時間放置

11/06 18:43 更新

 バスの乗客らは約1時間、放置されたということです。  徳島県の「海部観光」によりますと、阿南発大阪行きの高速バスで6月、入社したばかりの50代の男性運転手が高速道路を走行中に、同乗していた指導員からギアを上げるよう指示を受けました。しかし、運転手は指示に逆上し、途中のパーキングエリアにバスを止めて運転を拒否しました。指導員は健康チェックを受けていなかったため運転を代われず、乗客17人は約1時間待たされ、後から来たバスに乗り換えたということです。四国運輸局は海部観光に対し、文書による警告処分を出しました。