町田・地面師事件 首謀者は否認「関わっていない」

06/14 09:56 更新

 東京・町田市の土地の所有権を不正に移転させたとして逮捕された首謀者の男が「取引に一切、関わっていません」と供述していることが分かりました。  北泉一夫容疑者(59)は2014年8月、町田市の80代女性が所有していた250坪の土地の所有権を不正に移転させた疑いが持たれています。北泉容疑者は地主のなりすまし役や弁護士などを集めて事件を主導したとみられていますが、その後の警視庁への取材で取引に一切、関わっていませんと容疑を否認していることが分かりました。この事件を巡ってはすでに元弁護士の伊関正孝容疑者(63)ら5人が逮捕されていて、警視庁は北泉容疑者の指示で土地を売却したとみて調べる方針です。