都議選告示まで1カ月 事前運動取締本部を設置

05/23 17:05 更新

 告示まで1カ月となった東京都議会議員選挙を控え、警視庁は「事前運動取締本部」を設置しました。約2000人を動員し、選挙違反を取り締まる方針です。  小池百合子都知事の就任後、初めて行われる都議会議員選挙は来月23日に告示、7月2日に投開票が行われます。各政党が国政選挙並みの態勢で臨み、激しい選挙戦が予想されるなか、警視庁は23日、「東京都議会議員一般選挙事前運動取締本部」を設置しました。警視庁によりますと、22日までの違反警告件数は前回の選挙に比べ、39件少ない12件だということです。警告の多くは街頭演説中に設置してはいけない場所に「のぼり旗」などを設置したことによる文書掲示違反でした。警視庁は約2000人態勢で取り締まりにあたる方針です。