「自転車の後輪と接触」74歳女性が電車と衝突し死亡

11/13 18:07 更新

 千葉県木更津市の踏切で70代の女性が立ち往生し、快速電車と接触しました。  13日午前10時すぎ、木更津市のJR内房線の踏切で、自転車を押して渡っていた石川君江さん(74)が横須賀発君津行きの快速電車と接触する事故がありました。石川さんは意識不明の状態で搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。現場は自動車は通れない小さな踏切で、遮断機は付いていました。警察によりますと、電車の運転士は「踏切を渡り切れずに立ち往生している自転車の後輪と接触した」と話しているということです。