干してあった女の子の下着に体液を…26歳の男を逮捕

07/11 19:21 更新

 洗濯物として干してあった女の子の下着に自分の体液をかけたとして26歳の男が逮捕されました。  逮捕されたのは、大阪府和泉市の無職・萩原靖博容疑者です。萩原容疑者は去年7月、栃木県宇都宮市にある男性会社員(当時40)の自宅でサンルームに干してあった女の子の下着に自分の体液をかけた疑いが持たれています。萩原容疑者が体液をかけて逃げるのを男性の妻が目撃し、110番通報していました。警察が下着に付いた体液をDNA鑑定して照会したところ、萩原容疑者のデータと一致したということです。萩原容疑者は容疑を否認しています。