ゴーン被告の記者会見 「日程決まっていない」

03/13 05:54 更新

 カルロス・ゴーン被告の記者会見について、弁護人は日程が決まっていないことを明らかにしました。  ゴーン被告は12日、弘中惇一郎弁護士の事務所に約8時間滞在し、記者会見の日程などについて話し合いました。  弘中惇一郎弁護士:「(Q.記者会見は?)決まっていません。きちんと自分の方でどういうことを言うか決めてから出たいと」  弘中弁護士によりますと、ゴーン被告は会見について「時間が欲しい」と話し、今週は行われないということです。また、日産について「支えるにはそれなりのリーダーシップが必要」「このままで大丈夫なのか」と心配していたということです。さらに、保釈条件のなかでの生活については「非常に窮屈だ」と話したということです。