「ブレーキが間に合わず」 市営バスがトラック追突

04/16 18:41 更新

 高齢者が乗った路線バスが大型トラックに追突し、7人がけがをしました。  警察によりますと、16日午前10時半すぎ、福岡県嘉麻市の県道で市営の路線バスが大型トラックに追突しました。バスの男性運転手(59)がトラックと運転席の間に挟まれましたが、救出されて軽傷です。また、乗客の70から80代の女性5人男性1人が首などに痛みを訴えて病院に運ばれました。大型トラックが対向車に道を譲ろうと止まったところ、バスは大型トラックに追突したということで、バスの運転手は「気付いた時にはブレーキが間に合わなかった」と話しています。