富士山で不明の2人 「一緒に下山中」と携帯で連絡

02/11 10:31 更新

 富士山の山頂を目指し、山梨県側から登山していた男性2人が10日から行方不明になっていましたが、11日朝になってこの2人と連絡が取れたということです。  10日午後9時ごろ、富士山に登っていた6人のグループの代表から「2人が山小屋に戻ってこない」と通報がありました。警察によりますと、グループは10日朝、5合目を出発して山頂を目指していました。大阪府の70代の男性が6合目で遅れはじめ、8合目付近で京都府の60代の男性が体力的に厳しいと話し、引き返したということです。他の4人は登頂後、5合目の山小屋に戻りましたが、2人と連絡が取れないため、警察に通報しました。警察は11日朝から救助隊を派遣して捜索を始めていましたが、午前8時ごろに行方不明になっていた2人と携帯電話で連絡が取れたということです。2人は一緒にいて、下山中と話しています。