夕方から断水の恐れも クレーン車倒れ水道管破断

04/18 11:51 更新

 17日の大雨の影響で、福岡県飯塚市では川で作業中のクレーン車が倒れ、水道管が破断しました。18日朝から復旧工事が進められています。  17日夕方、飯塚市の穂波川で水道管が通る橋の架け替えのため、川に入っていたクレーン車が大雨でバランスを崩して倒れ、管が破断しました。水道管は川から取った水を浄水場に送り、飯塚市の9500世帯に給水するためのもので、市によりますと、3カ所のタンクにためられている水で18日夕方までは賄える見通しですが、それ以降は断水の恐れがあるとしています。国土交通省遠賀川河川事務所などで復旧を急ぐとともに、近隣自治体へ給水車を要請するなどし、影響を最小限にとどめたいとしています。