千葉県警が誤認逮捕 免許証あるのに“無免許運転”

05/22 05:58 更新

 千葉県警が運転免許証を持つ男性を無免許運転と判断して逮捕していたことが分かりました。  警察によりますと、22日に千葉県東金市の交差点で無職の男性(74)が運転するワゴン車と軽自動車が接触しました。当時、男性は免許証を携帯しておらず、免許証の照会でも名前が該当しなかったことから、東金警察署の警察官が男性を無免許過失運転傷害の疑いで逮捕しました。その後の調査で免許を所持していることが分かり、男性は釈放されました。東金署は男性に謝罪していないということです。