「泣き止まず…」自衛官が3カ月の息子の首絞めたか

04/18 11:58 更新

 陸上自衛官の男が千葉県印西市で、生後3カ月の息子の首を絞めて殺害しようとしたとして逮捕されました。  陸上自衛隊松戸駐屯地に所属する3等陸曹・塚本聖史容疑者(30)は13日午後8時前、印西市の自宅リビングで生後3カ月の息子の首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、男の子の顔色が青いことに気付いた塚本容疑者の妻が知り合いの消防士に通報し、病院に搬送しました。首には強く絞められた痕が残っていましたが、軽傷だということです。塚本容疑者は「泣きやまなかったので、やってしまった」などと容疑を認めています。陸上自衛隊松戸駐屯地は「隊員がこのような事案を起こしたことは非常に遺憾。捜査に協力し、厳正に対応して参ります」としています。