2020年大会に向け 市川海老蔵さん「延年之舞」披露

11/10 07:05 更新

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京の芸術や文化を世界に発信する取り組みを知ってもらうためのイベントが羽田空港で開かれました。  羽田空港国際線ターミナルで開かれたイベントでは、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが「延年之舞」を披露したほか、東京都交響楽団による弦楽四重奏が演奏されました。小池都知事とのトークセッションで、海老蔵さんは「国境のない世界へ歌舞伎自体も羽ばたいていけるように一丸となって努力したい」と話しました。小池知事は「未来へ挑戦し、ボーダーなく伝統と新しさが一緒になることをコンセプトに皆さんの記憶に残る文化を作っていきたい」と意気込みを語りました。