新潟知事“女性問題”も辞職は…何のための会見?

04/17 17:57 更新

 週刊誌に女性問題が取り上げられるとみられる新潟県の米山隆一知事が緊急会見。「整理する時間が欲しい」と話す知事に記者からは「何のための会見か」と厳しい声が上がった。  17日午後1時、新潟県庁で開かれた緊急会見。米山隆一知事は思わせぶりに、こう話し始めた。  新潟県・米山隆一知事:「皆さんの期待している話じゃないかもしれないが、きょうは『まだ結論は出ていません』という話をさせて頂きたい。決断はきちんとしますが、整理をする時間が…」  少し分かりにくいが、これは辞任に関する発言。数日で結論を出すとしていて、辞めない可能性もあるとしている。背景にあるのは女性問題。19日に発売の週刊誌に掲載されるという。米山知事は50歳で独身。医師免許に加え、司法試験にも合格している。女性問題は知事になる前からあり、複数だという。2年前、野党の統一候補として当選した米山知事。原発再稼働反対で辞職となれば県政の混乱は免れない。知事が週刊誌の取材を受けたのは15日で、17日の公務はキャンセルしている。そんななか、説明を先送りする知事に記者からは疑問の声も。今は言えない事実とはなんなのか。問題の週刊誌は17日に発売される。