ゴーン容疑者 報酬100億円「これくらい貰うべき」

12/01 11:49 更新

 日産の前会長、カルロス・ゴーン容疑者が日産からの約100億円の報酬を「これくらいはもらうべきだと思った」と話していることが分かりました。  ゴーン容疑者は報酬が5年間で約100億円でしたが、有価証券報告書にはその半分しか記載しなかった疑いが持たれています。その後の関係者への取材で、ゴーン容疑者は100億円の報酬について「海外の他の企業と比べ、これくらいはもらうべきだと思った」という趣旨の話をしていることが新たに分かりました。そのうえで、報酬を少なく記載したことについては「高すぎると従業員のモチベーションが下がると思った」などと話しているということです。東京地検特捜部は記載しなかった報酬を退任後に受け取ることを計画した書面などを押収し、ゴーン容疑者らに示しながら取り調べを進めているとみられます。