西日本の梅雨入りは? 千種ゆり子の全国天気のタネ

06/08 16:53 更新

 7日は西日本をとびこえて関東や東北で梅雨入りの発表がありました。関東が九州北部より先に梅雨に入るのはたまにあるんですが、東北が早いのは22年ぶりとかなり珍しいことなんです。9日は、この梅雨入りしているエリアで傘の出番となりそうです。まず、梅雨本番の沖縄や奄美で9日は雨が強まりそうです。雨の予想を見ると強い雨を示す赤や黄色がついています。お昼頃に、1時間に30ミリと土砂降りの雨となり雷雨や突風にも注意が必要です。  そして、前線からは離れていますが関東などでもぐずついたお天気となります。雨が降るのは、関東や東海を中心としたエリアです。原因は海からの湿った風です。梅雨前線による雨雲ではないので、雨の降り方はパラパラと弱い雨です。折畳み傘で大丈夫でしょう。午後ほど降りやすくなり、降ったりやんだりでしょう。  では、まだ梅雨入りしていない西日本はいつ頃、梅雨入りしそうなのか週間予報で見てみましょう。9日は西ほど日差しがあり、福岡は安定した晴れです。広島や大阪も晴れますが、山沿いは夕立にご注意ください。この先も大阪、広島、福岡は晴れマークが多く、梅雨入りは早くても来週の15日という感じです。東京から仙台は水曜日までは曇りや雨のマークで、梅雨らしい天気が続きます。東京の最高気温も12日までは25度に届かないでしょう。秋田と札幌は晴れて過ごしやすい日が続きそうです。