取引先に「自主再建難しい」 「はれのひ」社長

01/11 17:26 更新

 「はれのひ」の社長は、去年の段階で「会社の自主再建は難しい」などと話していました。  「はれのひ」の取引業者:「(篠崎社長は)自主再建は難しいかもしれないので、融資とか抜本的なところで何か考えたいと話していました」  この内容は去年11月、はれのひの篠崎社長が取引先に対して説明したものです。この時は代金を支払えるとの見通しを示していましたが、結局、入金はなかったということです。はれのひを巡っては、成人式に振り袖が届かないなどの被害が相次ぎましたが、この取引業者は納品が成人式に間に合わなくなるため、入金がないまま仕立てた振り袖50着以上をはれのひの全店舗に送ったということです。