体育館の屋根が落下 近く歩いていた教師の頭直撃

03/17 18:44 更新

 高校の体育館で屋根の一部が落下し、男性教師(53)に直撃しました。  警察などによりますと、17日午前11時40分ごろ、茨城県古河市の高校で体育館の屋根の一部が落下し、授業の準備のために近くを歩いていた教師の男性に直撃しました。男性は頭から血を流していて、ドクターヘリで病院に搬送されましたが、意識はあり、命に別状はないということです。隣のグラウンドで生徒が体育の授業を受けていましたが、けがはありませんでした。警察が事故の原因を調べています。